BS01とは

提供: BS01 Wiki
移動: 案内検索

1 ■BS01とは

ボンサイラボ株式会社製の熱溶融積層法(FDM)の造形方式の3Dプリンタ。
2013年末に日本のクラウドファンディングであるkibidangoにて1000万円以上を集めて立ち上がったプロジェクト。
開発パートナーは、Sラボ有限会社。

現在は、Sラボ有限会社との提携も解消。独自の開発を目指すが、技術力がなくうまく進んでいない模様。
社長の判断ミスか?

BS01color5.jpg

http://kibi-dango.jp/info.php?type=items&id=I0000010

2 ■モデル種類

初号機のBS01の改良版、BS01+がリリースされました。
BS01はクローズされ、BS01+にすべて置き換わります。
精度向上と多目的フィラメントへの対応のため、BS01からアルミベッドと新型フィーダーへの変更が行われました。
また、2016年2月1日より値下げ発売されたABS/PLAキットは、フィーダーのアームがidbox!で採用された新アームになっています。

BS01Plus.jpg

【PLAモデル】・・・ベッドが加熱できないモデル
http://www.bonsailab.asia/plamodel.html 【PLA + ABSモデル】・・・ベッドが加熱できるモデル
http://www.bonsailab.asia/abs_plamodel.html 【Dualモデル】・・・ヘッド(ノズル)が2つあるモデル
http://www.bonsailab.asia/dual.html

カラーはそれぞれのモデルで、パーシモンオレンジ、インディゴブルー、コバルトグリーン、オフホワイト
ウォームグレー、フッレシュベリー、アクアブルー、アップルグリーンの計8色

・アクリル製ケース・・・特注部品(購入時にボンサイ社に相談するとしあわせになれます)

3 ■本体サイズ

・25 x 25 x 27.5 cm

4 ■性能

・積層ピッチ:0.1mm~
・各軸の分解能(理論値):Z軸0.0003mm、XY軸0.014mm
・オプションのノズルは0.2, 0.3, 0.4, 0.5mmの4種類(標準付属は0.4mmのみ)
・最大造形サイズ[PLAモデル]:幅150mm、奥行き130mm、高さ100mm
・最大造形サイズ[ABS/PLAモデル]:幅150mm、奥行き130mm、高さ102mm
・造形スピード:造形時速度100mm/sec 空送り時速度200mm/sec
・重量:約6 Kg

BS01 01.jpgBs010.jpg

http://www.bonsailab.asia


5 ■BS01ユーザーコミュニティー

https://www.facebook.com/groups/bonsailab/