組立て後

提供: BS01 Wiki
移動: 案内検索

1 ソフトウェアの導入

マニュアルの12-1,12-2の設定編参照

2 BS01+本体の最終調整 

マニュアルの12-3の調整編参照

3 造形練習

初心者が造形する場合は、以下の練習用のモデルデータを使った方が良いでしょう。

このモデルを造形することで【ノズル温度】【ノズル速度】【フィラメントの粘り】【造形物の熱篭り】【造形物の冷却状態】【XY軸のずれ】がわかります。

このキューブをブリムつきで練習します。 ノズル温度と、ノズル速度が適切であれば、頂上まできれいに造形できます。充填率は0%、壁の厚さは1枚で行うといいでしょう。

頂上部が四角にならなかったり、オーバーハング部の垂れが見られる場合は、ノズル温度が高いか冷却不足になっています。

5mmキャリブレーションキューブ

4 ベッドのクリアランス

http://bs01.3dprinterwiki.com/index.php?title=%E7%B6%BA%E9%BA%97%E3%81%AB%E9%80%A0%E5%BD%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E3%82%B3%E3%83%84#.E3.83.99.E3.83.83.E3.83.89.E3.81.A8.E3.83.8E.E3.82.BA.E3.83.AB.E3.81.AE.E9.9A.99.E9.96.93.E3.82.92.E9.81.A9.E5.88.87.E3.81.AA.E8.B7.9D.E9.9B.A2.E3.81.AB.E8.AA.BF.E6.95.B4.E3.81.99.E3.82.8B

5 ベッドへの造形物の定着

http://bs01.3dprinterwiki.com/index.php?title=3D%E9%80%A0%E5%BD%A2%E6%96%B9%E6%B3%95#.E2.97.86.E3.83.99.E3.83.83.E3.83.89.E3.81.AE.E6.8E.A5.E7.9D.80.E5.89.A4.E3.81.AB.E3.81.A4.E3.81.84.E3.81.A6