用語集

提供: BS01 Wiki
移動: 案内検索

サポート材

オーバーハング(張り出し)のあるモデルをプリントするときに設定する支持材。 サポート材は後に除去することが前提である。造形物と同一のフィラメントでサポート材を設定する以外、専用のフィラメント(溶剤で溶かす・剥がれやすい等)が存在している。


G-Code(Gコード)

機械加工のCNC等で広く使われている制御命令の名称。どこへ(どのルートで)・どのくらいの速度で工具を移動するかという命令で定義される。


Raft(いかだ)

ベッド(プラットフォーム)の歪みを吸収・定着性を上げる出力手法。出力本体の下に本体より一回り大きく出力する浮き台。後で本体とは切り離し処分する前提のもの。

ラフト、ブリム、スカート http://www.opencreators.jp/z_column/14.html


STLファイル

Standard Tessellation Languageの略(Stereo Lithographyという説も有)STLは、3D Systemsが開発したCADソフト向けのファイル形式である。 STLにはアスキー形式とバイナリー形式があり、コンパクトなバイナリー形式が好まれている。STLには、三次元形状だけが記録され、色・質感などの属性は含まれない。


熱溶解積層法

熱溶解積層法(ねつようかいせきそうほう、英: fused deposition modeling、FDM)は、1980年代後半に米国 ストラタシス社のスコット・クランプによって開発されたラピッドプロトタイピング・3Dプリンタにおける造形方式の一つ。 1990年に商品化され、特許・商標についてはストラタシス社が保持している。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%86%B1%E6%BA%B6%E8%A7%A3%E7%A9%8D%E5%B1%A4%E6%B3%95