失敗例

提供: BS01 Wiki
移動: 案内検索

1 Simplify3Dのトラブルシューティング(日本語自動翻訳)

英語ですがGoogle翻訳を使って日本語に翻訳しています。

https://translate.google.co.jp/translate?sl=en&tl=ja&js=y&prev=_t&hl=ja&ie=UTF-8&u=https%3A%2F%2Fwww.simplify3d.com%2Fsupport%2Fprint-quality-troubleshooting%2F&edit-text=&act=url

2 Ultimakerのトラブルシューティング(日本語自動翻訳)

UltimakerはBS01+に近い構造をしています。ハードに起因するトラブルは参考になります。

https://translate.google.co.jp/translate?sl=en&tl=ja&js=y&prev=_t&hl=ja&ie=UTF-8&u=http%3A%2F%2Fsupport.3dverkstan.se%2Farticle%2F23-a-visual-ultimaker-troubleshooting-guide&edit-text=&act=url

3 造形物の問題

3.1 ■ベッドから浮き上がってしまう(剥がれてしまう)

・発生要因
接地面積の小さいものやABS等で出力した場合によく発生。
・対策

  • RaftやBrim、場合によってはサポート材を設定して定着力を上げる
  • ベッドの表面に両面テープやケープなどをつけた状態で出力してみる
  • 造形物の周囲に薄い壁を同時に作ってみる(温度変化を少なくする効果)
  • 急な温度変化をさせないように本体ごとケースで覆う


3.2 ■造形物の上面・下面に隙間ができる

・発生要因
ベッドとノズルの隙間が開いている場合やノズルの温度が低い場合スライサー等の出力設定がうまくできていない
・対策
まずは、ベッドとノズルの隙間を少しずつ狭くしていき様子をみる。その他、造形時のノズルから出るフィラメント経や吐出量を多くするなどで調整を行う。
※ソフトの設定は別途解説ページで詳細説明を実施。

3.3 ■Vase造形で脆い物ができる

VASEABS.JPG
・発生要因
ABSで制作した場合にもろくなる傾向が見られる。(引っ張れば剥がれる程度)
200度〜250度@LGケミカル製ABSで確認
・対策
PLA(PolyPlus等)で造形を行う。

3.4 ■造形物が水平にずれる

Gaikotsuzure.jpg
・発生要因
ベッド上にガラスや金属板を乗せて造形する際に固定を忘れてしまう。
・対策
造形開始前に固定をしていることを確認する(^_^;)

4 BS01本体

4.1 バレルネジ破損(ノズル交換時に発生)

Noz.jpg
(写真提供M.I様)
・発生要因
冷却された状態でノズルを交換する場合、樹脂が硬化して無理な力をかけてしまった
・対策
加熱した状態で無理な力をかけないよう心がける。コンロやバーナーで炙るのも有りだが上記写真の様に内部に樹脂(耐熱250度程度?)があるため加熱しすぎないよう注意が必要となる。

4.2 ■調整ナットの山が壊れた

・発生要因
材質がアルミであるため、使用していれば摩耗して使えなくなってしまう
・対策
破損自体を防ぐことは困難であるため、破損後は市販の蝶ナット(M3)などへ変更する