フィラメント

提供: BS01 Wiki
移動: 案内検索

1 ボンサイラボセレクション

BS01+シリーズのフィラメントは、純正品としては以下のものが推奨されています。これは、日本でのユーザーテストを行ったうえで評価され販売されているものです。(BS01では他のフィラメントを使うことも可能ですが、フィラメント径のばらつきや不純物に注意して使用しましょう。)

http://www.bonsailab.asia/selection.html

1.1 ポリメーカー社製PLA

ポリメーカー社の魅力は

① 材料の専門家であるポリマーエンジニアが研究と実験を重ね、最高級の素材調達(Natureworks社)から、調合、製造まで自社で行い、高品質を維持していること

② 市場にある主な3Dプリンタを多数使用して最適化を図っていること

③ PLAでありながら、ABSより強度が高い製品を提供していること

④ 軟らかい素材や木目調など斬新な商品を次々開発していること

⑤ デュアルエクストルーダによる使用に適していること(メーカーテスト済み)

⑥ 米国のFDA(食品医薬品局)の安全基準をクリアしており、健康被害の心配が無いこと

等が上げられます。


1.1.1 ◆商品名:PolyPlus PLA

材質:PLA

PolyPlusPLAの特徴

PolyPlus PLAは高度な材料設計に基づき、プリント安定性を最適化するよう製造された高品質フィラメント(造形材料)です。3Dプリンターにおけるフィラメントの詰まり(jam)が起きにくいよう設計されています。dual-extrusionによる2色オブジェクト作製も可能です。FDM(熱溶解積層法)方式の3Dプリンターに、ほとんど機種を選ばずお使いいただけます。

推奨プリンティング温度(推奨extruder設定温度):190〜230℃(1.75 mm)


1.1.2 ◆商品名:PolyMax PLA

材質:PLA(>90%)

PolyMaxPLAの特徴

PolyMax PLAの基本プリンティング性能はPolyPlus PLAと同じですが、高度な材料設計(マテリアル・デザイン)のもと、機械的性質を大幅に高めたフィラメントです。PolyMax PLAの耐衝撃強度は、一般的なPLAの8〜9倍に達し、またABSと比較しても約20%も強化されています。堅牢な造形物を作製できます。

フィラメント直径:1.75 mm(±0.05 mm)

フィラメント重量:0.75 kg(スプールあたり)推奨プリンティング温度(推奨extruder設定温度):190〜230℃(1.75 mm)

1.1.3 ◆商品名:PolyFlex

材質:熱可塑性エラストマー

PolyFlexPLAの特徴

一般的な造形材料(ABSやPLA)とは違い、PolyFlexを用いてプリントしたパーツは柔軟で曲げることができ、弾力性にも優れています。また、3Dプリンターの造形プレート表面への高い接着性を示します。積層界面でも両面同士が良く粘着するため、靭性の優れた造形物ができます。また、デュアル・エクストルーダー(dual-extruder)を持つ3Dプリンターを使用してPolyPlus PLAやPolyMax PLAと一緒にプリントすれば、軟らかい部分と硬い部分を持つオブジェクトをプリントすることができます。

フィラメント直径:1.75 mm(±0.05 mm)

フィラメント重量:0.75 kg(スプールあたり)推奨プリンティング温度(推奨extruder設定温度):210〜235℃(1.75 mm)

1.1.4 ◆商品名:Polymakrフィラメント PolyWood

推奨プリント温度 : 200℃〜220℃

推奨プリント速度(フィラメント送り速度) : 30 ~ 90 mm/s

3Dプリンティングの基本的な特徴は一般的なPLAフィラメントの場合と同様ですが、それよりも少し高めのプリント温度と少し遅めのプリント速度に設定すると、出力結果が良くなることがあります。

表面の仕上がりが、プリント条件とレイヤー高さに敏感に影響を受けます。プリント温度が高いほど、またレイヤー高さが小さいほど、より粗い表面(より〝ウッドライク“)になります。一般に、レイヤー高さの推奨値は0.2 mmです。

もし出力物が糸を引き過ぎている場合、プリント温度を下げ、リトラクション距離を大きくすることを推奨します。

1.1.5 ◆商品名:Polymakrフィラメント PolySupport

サポート除去に苦労している方に新しいソリューション、PolySupportがオススメです。デュアルモデルではサポート専用として、シングルモデルでは今までのフィラメントと同じようにお使いいただけます。最大の特徴は造形後にサポートが手で簡単にはがせる点です。

推奨プリント温度:200℃〜210℃

ヒートベッドは特に必要ありませんが、BuildTakの使用を推奨します。

1.2 プラシル社製ABS

Plasil(プラシル)ABS樹脂 フィラメント 1.75mm(誤差±0.05 mm)

1kg /600g 全16色

プラシルの ABSは一切リサイクルABSを使用していないため熱収縮がおこりにくく、 非常にコントロール性に優れたフィラメントです。

ABSフィラメントの特徴

・ABSはPLAと比較すると粘りがある。

・構造部品として強度に優れている。

・出力後に、サンドペーパーややすり等の表面処理が比較的容易にできる。

・プラスチック用の塗料やアクリル系塗料での塗装が可能。

・成形が薄い物や大きい物は熱による収縮性があるので、成形中にプラットフォーム上で反ることがある。


※1kgでスマホのケースを約30~50個作ることが出来ます。